トラブルナンバーワン!カミソリ負け

カミソリ負けの症状と原因とは

カミソリを使ったときに心配されるのがカミソリ負けです。剃った後に肌がヒリヒリすることや痒みを感じること、血が出てしまったなど様々な症状があります。肌が炎症を起こしているからです。皮膚にブツブツがあったり、赤みや腫れがあると見た目にも綺麗とは言えず、気になることでしょう。乾燥した肌に直接カミソリを当てて剃ったりしていませんか。力任せに剃ったり、毛の流れとは反対に剃ったりしていませんか。切れ味の悪い刃で剃る、何度も同じところを繰り返し剃ることもよくありません。これら全てカミソリ負けの原因となります。カミソリの手入れや肌の状態を確認し、正しい剃り方でカミソリ負けしないようにしましょう。もちろんアフターケアも忘れてはいけません。

カミソリ負けしないための予防と対策

カミソリ負けをしないために剃る前からしっかりとした予防をしましょう。まずはカミソリを使う前の保湿です。シェービングクリームやジェルを使うとよいでしょう。乾燥したまま剃ると肌や毛に負担がかかってしまいます。保湿を行うことで毛を柔らかくすることもでき、カミソリが滑りやすくなるため肌への負担を減らすことができます。使用するカミソリは切れ味のよいものにしてください。切れ味が悪いままだとスムーズに剃ることができず、肌へ負担をかけることになります。また、雑菌が繁殖し炎症の原因となることもあります。長期間使用せず、定期的にカミソリをかえましょう。剃る際は力を入れすぎず、毛の流れに沿ってカミソリを当てていきます。繰り返し剃ることや毛の流れに逆らって剃ることは、肌への負担となるので極力控えてください。剃り終わった後、肌のバリア機能が低下しているのでアフターケアも怠らず、しっかりと保湿をしましょう。