髭にまつわるトラブルエトセトラ

安易な髭剃りは肌荒れや髭の埋没を招く

カミソリを使った髭剃りは髭のお手入れの代名詞ともいえる行為ですが、最もボピュラーな方法である一方、様々なトラブルを誘発する欠点もあります。髭剃りによるトラブルで最も多いのが誤った使い方による肌へのダメージです。髭剃りの最中に肌を傷つけてしまい、強い痛みや出血に見舞われるトラブルは非常に多く、場合によっては傷跡が残ってしまうこともあります。また、刃が傷んだカミソリを無理に使い続けることで肌に無数の微小な傷が生じてしまい、慢性的な肌荒れに見舞われてしまうのです。出血を伴うほどの肌荒れになるとかさぶたで毛穴が塞がれてしまい、髭が埋没毛になることも珍しくありません。埋没毛は毛穴の周囲が黒ずんで見える他、内部で伸びた体毛が毛穴の内部を傷つけるおそれもあります。

脱毛による肌トラブルは見栄えが悪くなるのが最大の問題点

髭剃りの煩わしさを軽減させるために髭に脱毛処理を施す男性が増えています。ほぼ毎日繰り返す髭剃りと比べれば肌への負担が少ないのが利点ですが、その一方で体質に合わない方法で行うと重大な肌トラブルに見舞われてしまうので注意が必要です。髭脱毛で多いトラブルに毛穴周辺の角質化や色素沈着があります。角質化は毛穴やその周囲の表皮が角質と同じ状態になり、弾力性が大幅に軽減するのが大きな欠点です。低温に晒されるとひび割れが生じて痛みや出血に見舞われる他、見た目もこわばった感じになります。色素沈着は表皮の細胞が破損し、内部の色素が周囲に沁みついた状態です。色素が多く集まるとシミやほくろに似た状態になり、黒ずんで汚れたように見えてしまうのです。