顔が青白く不健康に見える

顔が青白く見える原因を知る

女性は肌の悩みを抱えている人が多く存在しますが、少々の肌トラブルはコンシーラやファンデーションを使うことでカバーできます。それに比べると男性は普段からノーメイクということがほとんどですので、肌の悩みも解消しづらい傾向にあります。男性の肌の悩みとしては毛穴の開きやニキビ、テカリなどがあげられますが、顔色のことで悩む人も少なくありません。特に顔が青白く見えると不健康な印象を与えてしまいがちです。改善のためにはまずは原因を知っておきたいところです。顔が青白く見える原因としては、血行不良や貧血、冷えなどが考えられます。何等かの病気が顔色に変化を出している可能性もありますので、体調が優れない場合は医療機関で診察や検査を受けてみましょう。

ファンデーションやBBクリームも活用しよう

顔色が悪く見える原因のひとつには、服の色と肌の色が合っていない可能性もあります。合わない色を選んでしまうと、肌はよりくすんで見える傾向にありますので、自分に合う色を見つけていきましょう。顔色を改善するためには血行を良くすることも大事ですので、運動や入浴で血流を良くすることや、フェイスマッサージも取り入れてみましょう。毛穴や肌の汚れも肌色を悪くする原因となりますので、余計な汚れを落とすことも考えてみましょう。最近は、男性用のファンデーションやBBクリームも登場しており、手軽に顔色を明るく見せられるようになりました。顔色だけではなく、シミやニキビ跡、小じわなども一緒にカバーできることもメリットです。この場合も肌色に合うものを選ぶことが大切ですので、色選びは慎重に行いましょう。